2020年03月30日

旅&グルメ「堂ヶ島火祭り・西伊豆町」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「堂ヶ島火祭り・西伊豆町」と こころの風景「春のSL」の紹介です

堂ヶ島 西伊豆町.jpg

火祭り 西伊豆町.jpg

堂ヶ島火祭り.jpg


 西伊豆町で、600年前の故事に由来する壮大な火祭が行われます。
海の幸・山の幸にめぐまれた西伊豆は、昔から豊かな自然に恵まれたところ
です。ところが、600年ほど前、この地に災難がふりかかりました。海賊たちが洋上の船を狙うばかりではあきたらず、西伊豆の地を襲うようになったのです。
 海賊一味に顔を知られているため、うかつに反撃できずにいた村民たちは、考えあぐねた結果、顔を書いた手ぬぐいで覆面をし、小舟で沖に出、酒盛りで油断している海賊たちの乗る船に火矢を放ち、見事退治したといいます。
 西伊豆町では、この海賊船征伐の喜びを今に伝える「堂ヶ島火祭」が開催されています。当日は、海賊船炎上を再現した海賊船大征伐、海上花火大会などが開催されます。
 炎で描く時代絵巻にあなたも立ち会って見ませんか。



 期  日 7月24日(水)18時30分〜
 場  所 堂ヶ島湾内及び堂ヶ島公園
 花  火 20時〜
   ・海賊船大征伐
    洋上の海賊船に漁船から火矢が打ち込まれ、炎上する。
    また仕掛けられた花火が四方八方に噴出する。
   ・海上花火大会
    スターマインなど約3000発  
 交  通 伊豆急行「伊豆急下田駅」からバス60分、または 伊豆箱根鉄道「修善寺駅」からバスで90分      
 お問合せ先   西伊豆町観光協会 tel 0558-52-1268
                     http://www.nishiizu-kankou.com






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春5.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 美食家 at 14:39| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「山名神社天王祭・森町」と こころの風景「春のSL」

旅&グルメ「山名神社天王祭・森町」と こころの風景「春のSL」の紹介です

画像をクリックし・拡大してご覧ください。
山名神社の天王祭舞楽画像・森町.jpg


 森町飯田の山名神社は、素戔嗚(すさのおの)尊(みこと)を主祭神として慶雲3年(706年)に創建されたとされています。
 毎年7月中旬に行われる天王祭は、飯田の祇園祭りとして知られ、奉納される舞楽は国の重要無形民俗文化財に指定されています。
 明応5年(1496年)に摂津の国天王寺から伝来されたこの舞楽は八段で構成されており、とくにカマキリの頭(かしら)をつける「蟷螂の舞」は、全国でもめずらしいものです。
 また、屋台8台の引き回しも行われます。



 期  日 7月10日(金)〜12日(日)
        10日 午後6時〜 屋台引き回し
        11日・12日 午後4時30分〜午後9時頃天王祭舞楽の奉納
 場  所 山名神社(森町飯田2950)
 交  通 東海道本線「袋井駅」秋葉バス「遠州森町」・「気多」行き約20分「天王」下車
      車の場合は新東名高速「森掛川IC」より5分
 お問合せ先 森町観光協会 TEL:0538-85-6316
              https://mori-kanko.jp/






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
春5.JPG
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 美食家 at 14:34| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする