2019年06月26日

健康&グルメ「モロゾフ 白いチーズケーキ」と植物の効能「オオバコ」

健康&グルメ「モロゾフ 白いチーズケーキ」と植物の効能「オオバコ」の紹介です

IMG_2180.JPG
写真は、 源頼朝が源氏再興を祈願したことでも知られる『三嶋大社』 です。


 ショップからひとこと

コクのあるクリームチーズで仕立てた濃厚な白いチーズケーキと、ひんやり冷やしたフルーツソースの甘酸っぱさが絶妙にマッチ。
チーズケーキにこだわり続けるモロゾフならではの気品あるおいしさです。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
オオバコ1.jpeg
posted by 美食家 at 13:23| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「モロゾフ サマーロイヤルタイム」と植物の効能「オオバコ」

健康&グルメ「モロゾフ サマーロイヤルタイム」と植物の効能「オオバコ」の紹介です

IMG_2180.JPG
写真は、 源頼朝が源氏再興を祈願したことでも知られる『三嶋大社』 です。


 ショップからひとこと

モロゾフが厳選した夏おすすめのギフトです。
ファンシーデザート、白いチーズケーキ、凍らせてシャーベット、カスタードプリンを詰め合わせました。



詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
オオバコ1.jpeg
posted by 美食家 at 13:17| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康&グルメ「ドゥーブルフロマージュ 食べ比べセット」と植物の効能「オオバコ」

健康&グルメ「ドゥーブルフロマージュ 食べ比べセット」と植物の効能「オオバコ」の紹介です

IMG_3829.JPG
写真は、 稲取ゴルフクラブから見える『伊豆七島の島々』 です。


 ショップからひとこと

ルタオを代表するチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」と、 お好きなドゥーブルをお選びいただけるお得なセット。お好きな味わいを、ぜひ食べ比べてみてください。





詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓






健康づくりに欠かせない植物の効能は、以下の画像をクリックしてご覧ください
オオバコ1.jpeg
posted by 美食家 at 11:39| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「舞阪の大太鼓まつり・浜松市」と こころの風景「夏のSL」

旅&グルメ「舞阪の大太鼓まつり・浜松市」と こころの風景「夏のSL」の紹介です


以下の画像をクリックし・拡大してご覧ください。
舞阪大太鼓まつり 浜松市.jpg

舞阪大太鼓祭り 浜松市.jpg

舞阪の大太鼓祭り画像・浜松市.jpg


 海に生きる男たちの魂を揺さぶる祭り
漁業が盛んな舞阪の大太鼓祭りは、町内の安全と豊漁を祈願して毎年旧暦9月14・15日の両日、氏神様『岐(き)佐(さ)神社(じんじゃ)』の例祭の余興として行われます。
祭典は神輿の渡御に伴い、年番町の太鼓を先導役に大小8台の太鼓、女子の手踊りが町内へ繰り出し、道中をにぎやかに練り歩きます。江戸時代、舞阪は東海道五十三次の宿場町でもあったことから、大名行列に由来しているともいわれます。

太鼓と音の大きさを競い合う
大太鼓は、革の直径が最大で約2.4mの締め太鼓です。
見どころは若者たちが大太鼓を長さ1mほどもある太鼓ぶち(バチ)を両手に持ち、笛の囃子に合わせて勇壮に打ち鳴らす姿。若者たちが先を競って太鼓を叩き、海に生きる男たちの心意気を示します。太鼓のリズムと音の大きさも見逃せません。
神社と御仮屋、道中のお休み所で繰り広げられる神輿のお立ち、納まりも見ごたえのある場面です。木遣り唄に合わせて担ぎ手が神輿を荒々しく揺さぶり、男たちの魂を奮い立たせます。それぞれの節まわしで唄い上げる木遣りが祭り気分を盛り上げます。
祭典の進行は伝統としきたりを重んじ、現在に受け継がれているのも特色のひとつです。



期  日   10月12日(土)・13日(日)
場  所   浜松市西区舞阪町舞阪
往路:岐佐神社から稲荷神社  復路:稲荷神社から岐佐神社
交  通   岐佐神社――JR東海道線 弁天島駅から徒歩約15分
稲荷神社――JR東海道線 舞阪駅から徒歩約12分
お問合せ先  舞阪協働センター
浜松市西区舞阪町舞阪2701-9
TEL: 053-592-2111 / FAX: 053-592-5813








画像をクリックし・拡大してご覧ください。
真夏7.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。








posted by 美食家 at 11:02| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「長八まつり・松崎町」と こころの風景「夏のSL」

旅&グルメ「長八まつり・松崎町」と こころの風景「夏のSL」の紹介です


以下の画像をクリックし・拡大してご覧ください。
長八まつり 松崎町.jpg

長八まつり 松崎町.jpg

長八まつり.jpg

長八フェスティバル 松崎町7月号.jpg


 1815年に伊豆松崎の農家に生まれ、左官棟梁関仁助に弟子入りをし、技を磨きながら江戸で狩野派の絵を学び、漆喰(しっくい)を鏝(こて)で巧みに描き芸術の域まで昇華させた伊豆の長八(入江長八)を讃え、開催する当イベントは、今年で35回目を迎えます。



期  日 9月22日(日)
場  所 伊豆の長八美術館周辺、及び中宿通り
開催内容 長八フェスティバル:音楽祭や地場産品の直売等
    ※長八フェスティバルの主な内容(予定)
     ・園芸大会
       バンド演奏、ダンス、吹奏楽演奏、牛原太鼓等
・左技士選手権大会
光る泥だんごの制作
・体験コーナー
漆喰鏝絵の制作体験
・ふるさと物産コーナー
魚介類、パン、授産所製品、松崎ブランド認定品等の販売
     ・第20回全国漆喰鏝絵コンクール入賞作品特別展
       9月22日(日)〜10月31日(木)
伊豆の長八美術館
交  通 伊豆急行「伊豆急下田駅」から「松崎・堂ヶ島」行バスで50分
     または、伊豆箱根鉄道「修善寺駅」から
「松崎・長八美術館」行バスで105分
問合せ先 松崎町企画観光課  TEL:0558-42-3964
               http://www.town.matsuzaki.shizuoka.jp








画像をクリックし・拡大してご覧ください。
真夏8.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。








posted by 美食家 at 10:54| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅&グルメ「草薙神社龍勢・静岡市」と こころの故郷「夏のSL」

旅&グルメ「草薙神社龍勢・静岡市」と こころの故郷「夏のSL」の紹介です


朝比奈大龍勢画像・藤枝市.jpg

草薙.jpg



 草薙神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)が祭られており、毎年9月20日に祭礼が行われ、20日に近い日曜日又は祝日に草薙神社の龍勢は行われます。この龍勢(流星)煙火は、城攻め用の「火矢」から転じて、火薬を利用した「のろし」が考案されました。「昼のろし」は煙や布切れ又は旗などを空中に漂わせ、「夜のろし」は光で合図をしたといわれています。この情形を、昼のろしは「龍勢」といい、夜のろしは「流星」と呼びました。草薙地区には両のろしの技法が口秘伝のまま受け継がれ、更に工夫と改良が加えられ、元禄年間からは草薙神社の秋季例祭日に、五穀豊穣、商売繁盛、社運隆盛を祈願して、打上げが行なわれてきました。また、江戸時代に流行った狼煙花火の伝統技法を今に伝える花火で、この技法の記録保存が注目され文化財保護法に拠り、昭和59年3月に県の選択無形民俗文化財に指定されました。



 期  日 9月22日(日)
*雨天の場合は23日(月・祝)、28日(土)(予定)
 場  所 草薙神社 スポ−ツ広場
 時  間 龍勢木遣道中  JR草薙駅 正午出発
(予 定)        草薙神社  午後1時到着
      子供みこし   天皇原公園 午後1時出発
              草薙神社  午後2時30分到着
      昼の部(龍勢) 午後2時30分頃〜午後5時
              *開始時間は本数により決定。2時30分から3時の間を予定
      夜の部(流星) 午後6時〜午後8時30分
      打ち上げ花火  午後8時30分〜午後9時
 交  通 東海道本線「草薙駅」から徒歩20分   
      静鉄草薙駅近くからシャトルバス運行を予定しています(14:00〜20:00)
車でお越しの方は、当日交通規制がありますので、公共機関等を利用してください
お問合せ先 草薙神社社務所 tel 054-345-8426






画像をクリックし・拡大してご覧ください。
真夏13.jpg
注)現在は走っていないSLもありますが、大井川鉄道を疾走したSLたちの姿と懐かしい風景にふれ、昔を思い出し「ひとときのやすらぎ」を感じて頂ければ・・・との願いを込めて掲載しています。

posted by 美食家 at 10:35| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする